メンバー

結わえるで一緒に働くメンバー

社員紹介

松尾 絵美

WEB事業本部 EC事業部
2016年入社

1日のスケジュール

9時に出社。
9-10 受注確認
10-12 顧客対応・お客様対応と並行して、自社ページの作成・指示
12-13 お昼休憩
13-15 受注や在庫のシステム考案
15-17 リピーター増加の為の現状分析
17-19 在庫の調整(工場への指示、店舗とECの調整)
19時に退社。

仕事内容を教えてください。

結わえるでは、寝かせ玄米の製造からお届けまで、出荷以外の全ての業務を自社で賄っています。その中でもEC事業部では、自社ECサイト経由での受注とお客様対応、直販店も含めた在庫管理を担当しています。また、ECサイトそのもののページ作成や、リピーターを増やす施策・ギフトなどの商品構成の考案を通して、より多くのお客様に喜んでいただけるような施策も行っています。8名の事業部ですが、どんどん提案をしては実行に移すことが出来る、自由度の高さが特徴ですね。

結わえるに入社を決めた理由は?

前職では、おせち販売のECサイトの運営全般に7年間関わりました。しかしその間、お客様への提供形態にはずっと疑問を持っていました。日本では、主原料が国産だったら(それ以外が外国産だったとしても)国産、無添加表示を満たせば(添加物が入っていても)無添加と、合法的に表示をすることが出来ます。
拡販するためにうわべだけの健康を謳うのではなく、胸を張って「健康の根っこを作りたい。」と思い、入社を決めました。

仕事でのやりがいは?

結わえるの商品は、どれもコンセプトがしっかりしていて商品力があります。なので、自分の能力をフルに活かして拡販に専念することが出来ます。
また、自分の能力をフルに発揮することで、お客様からダイレクトに喜びの声という結果を受け取れる事が嬉しいです。時に失敗しても、期待されてるからこその叱咤激励を頂く事も多いので、余計やる気になりますね。

結わえるの好きなところは?

やはり、商品が好きなのが一番です。
ものがちゃんと良く、繰り返しになりますがコンセプトがしっかりしている。
単にものを売るというよりも、玄米を食べる「ライフスタイル」の提案をすることが出来ていると感じます。それはひいては日本のコメの生産量増加や伝統的産業の再評価につながり、そしてまた玄米を手に取る人が増え、最終的には生産者と消費者のWIN-WINな関係を作ることが出来ます。
だからこそ、売上の数字ばかりではなく、“メリハリ寝かせ玄米生活”の啓蒙・ブランディング・デザインを意識して、自分たちのコンテンツをより魅力的なすることに注力しています。

将来の夢を教えてください。

もともと興味があったのですが、海外への越境ECをやりたいと思っています。多言語対応や海外への輸出業務など、クリアしなければならないハードルはいくつかありますが、まずは欧米とアジアで取り掛かりたいですね。
特に先進国は食生活が乱れている人が多いので、そういう人たちに“メリハリ寝かせ玄米生活”を拡げていきたいです!

メッセージ

結わえるでは、努力次第でどんどん健康の知識が付き、また実際に弊社の製品を食べ続けると、身体を健康にしていくことが出来ます。
結わえるでの仕事は、弊社のヴィジョンである「世の中の食生活、 ライフスタイル、価値観を“メリハリ寝かせ玄米生活”で変えていく。」という、まさに未来に向かうものです。
今すぐには出来なくても、未来での実現を確信・信頼しながら仕事ができます。
健康志向な玄米の需要は伸びており、将来性はすごくあると感じています。

WEB事業本部の募集内容はこちらから>>